ミリタリーマニア【陸軍編】

軍モノのプラモからファッション・知識などミリタリーマニア必見!陸軍編

   8月 17

AK-47

AK-47(露: Автомат Калашникова образца 1947 года、ラテン文字転写: Avtomat Kalashnikova-47、
1947年式カラシニコフ自動小銃」の意)は、1949年にソビエト連邦軍が制式採用した歩兵用アサルトライフル。

制式名称は「7.62mm アブトマット・カラシニコバ」であり、
AK-47」の呼称は、後にいくつもの改良型が登場したため、それらと区別するためであった。

第二次世界大戦終結後、ドイツから抑留されたStG44の開発者である
ヒューゴ・シュマイザーの技術的助言の下、ミハイル・カラシニコフが設計した。

——————————————————————————————————————————
wiki参照しました。

AK系ライフルは基本設計が優れているため、カスタマイズが繰り返されて
50年以上にわたって各国の戦争紛争地帯で使われ続けています。
世界で最も生産された小銃といわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です